琉球大学を受入機関とする令和5年度(2023年度)採用分特別研究員-RPDの募集について ※募集は終了しました

琉球大学を受入機関とする令和5年度(2023年度)採用分特別研究員(RPD)の募集について

必ず令和5年度(2023年度)採用分募集要項を熟読の上、申請書を作成してください。

日本学術振興会特別研究員-RPD 令和5年度(2023年度)採用分募集要項

特別研究員-RPD Restart Postdoctoral Fellow (育児・出産等からの復帰)

優れた研究者(※)の出産・育児(病児の看護服務)による研究中断からの円滑な復帰を支援する特別研究員制度です。

※博士の学位を取得している者を対象としています。

【 採 用 期 間 】

①2023年4月1日~2026年3月31日(3年間)

②2023年7月1日~2026年6月30日(3年間)

③2023年10月1日~2026年9月30日(3年間)

④2024年1月1日~2026年12月31日(3年間)

研究奨励金:362,000円

【申請方法】

電子申請システムでの申請に限ります。各採用区分の「令和5年度(2023年度)特別研究員電子申請用ID・パスワード発行依頼書」をダウンロードし、下記科研費担当までご提出ください。ログイン用ID・パスワードを交付いたします。 パスワード発行期限がありますのでご注意ください。

令和5年度(2023年度)特別研究員電子申請用ID・パスワード発行依頼書(RPD)
ID・パスワード発行期限:令和4年 4月 11日(月)17:00まで

☆システム操作手引き:http://www-shinsei.jsps.go.jp/topyousei/download-yo.html#a2

【申請書類】

以下の3種類の書類を作成・アップロードすることにより、一つの申請書類扱いになります。申請者ご本人以外が作成する書類がありますので、ご注意ください。

書類名作成方法作成者主な内容
①申請書情報(※1)システムに直接入力申請者氏名・研究課題名等の基礎情報
②申請内容ファイル(※2)学術振興会HP公開の様式をダウンロードし作成 →完成後システムにアップロード申請者研究計画、研究遂行力の自己分析等
③評価書(※1) (2通)システムに直接入力評価書作成者1 (下記の①~③のいずれかの者) ①研究中断前の受入研究者 ②現在の受入研究者 ③採用後の受入研究者 評価書作成者2 (申請者の研究をよく理解している研究者)申請者への評価コメント

※1 システム入力は3月中旬に申請書新規作成画面が公開されてから可能となります。

※2 前年度から項目名等の変更がされています。必ず新しい様式をご使用ください。

★記入方法や必要な書類は、下記リンクを参照してください。

独立行政法人 日本学術振興会HP 特別研究員申請手続き(RPD)

★申請内容ファイルの作成方法等について、研究企画室の支援を受けることが可能です。支援が必要な場合には、  ura@acs.u-ryukyu.ac.jp までお問合せください。 

【提出期限】

◎令和4年 4月 25日(月)17:00(厳守)

申請書(申請者情報・申請内容ファイル)をPDFにて、下記担当までメール提出ください。

※必ず、電子申請システムで「確認完了・送信」ボタンを押下してください。

【その他申請前に必ず確認すること】

〇申請書類は、JIS 第1水準及び第2水準のみを使用して下さい(ネットで確認可能)。

〇氏名に旧字体などがある方は特にご注意下さい。以降の文字すべてが文字化けする可能性があります。

〇同じ理由で、特殊なフォントや特殊文字の使用はしないで下さい。

〇Wordのレイアウトや設定について許可されていない部分を絶対に変更しないで下さい。

〇特別研究員の採用条件の一つに「研究活動の不正防止」及び「研究費の不正使用防止」に関する倫理教育の修了があります。内定時に再度お知らせするので必ず受講して下さい。

〇原則として他の報酬の受給は禁止されています。また,無償かつ研究関連であったとしても講義を持つことに一定の制限があります。不安な場合は担当までご相談下さい。

〇特別研究員採用からその後10年程度において、日本学術振興会の実施する採用終了後の追跡調査への協力義務があります。

お問い合わせ先

総合企画戦略部研究推進課 科研費担当
TEL: 098-895-8183(内8183、2807、2808)
FAX: 098-895-8185
MAIL: knkaken★acs.u-ryukyu.ac.jp

※★を@に置き換えて送信してください。