遺伝子組換え生物等使用実験室 ・申請の手続きと様式

遺伝子組換え生物等使用実験室の申請について

遺伝子組換え生物等使用実験のうち、機関実験に該当する実験については、実験の種類別に執るべき拡散防止措置が定められています。(研究二種省令第四~五条、別表第二~第五)
遺伝子組換え生物等使用実験を行う実験室、及び遺伝子組換え生物等の不活化処理を行う場所(※)は、適切な拡散防止措置を講じたうえで、部局長を通して安全委員会へ申請し、承認を得なければなりません。すでに承認された実験室について、拡散防止措置の内容を変更する場合も同様です。
遺伝子組換え生物等の不活化設備設置場所の取扱いについて(通知文)

承認済み実験室(学内のみ閲覧可)

各部局等における遺伝子組換え生物等使用実験室の拡散防止措置、及び承認番号はこちらからご確認いただけます。
遺伝子組換え生物等使用実験室(学内のみ閲覧可)

申請の手続き

  1. 「実験室の拡散防止措置チェックリスト」に基づき、拡散防止措置に係る施設・設備等の管理責任者、及び安全主任者による確認を行ってください。
  2. (2)「実験室報告書」に必要事項を記載し、作成した「実験室チェックリスト」と実験室の見取り図を添えて部局の担当係へ提出してください。
    (※実験室の見取り図は施設マネジメントシステムから平面図をダウンロードしてご利用ください。)
  3. 安全委員会で審査し、必要があれば是正の指示を行います。承認後、遺伝子組換え生物等使用実験室としての使用を開始してください。

実験室の変更届け

実験室の承認を取り消す場合、又は管理責任者を変更する場合は、「遺伝子組換え生物等使用実験室の変更届け」を作成し、所属部局の安全主任者の確認を受けた上で、安全委員会へ届け出てください。

提出書類

実験室報告書 (PDF) (Word)

実験室の拡散防止措置チェックリスト

実験の種類 拡散防止措置レベル ファイル形式
微生物等使用実験実験 P1 (PDF) (Word)
P2 (PDF) (Word)
P3 (PDF) (Word)
動物使用実験 P1A (PDF) (Word)
P2A (PDF) (Word)
P3A (PDF) (Word)
植物使用実験 P1P (PDF) (Word)
P2P (PDF) (Word)
P3P (PDF) (Word)
記入例 PDF

実験室の見取り図

施設運営部ホームページ(施設マネジメントシステム)から平面図をダウンロードし、実験室の場所を示してください。なお、個別に実験室ごとの詳細な見取り図を作成されている場合は、併せて添付してください。

実験室の変更届

お問い合わせ先

ご不明の点がありましたら、下記へお問い合わせください。

総合企画戦略部 研究推進課 研究推進係
TEL: 098-895-8016
FAX: 098-895-8185
E-mail: knknkyu@acs.u- ryukyu.ac.jp